総合内科

概要

  •  内科は、救急や慢性を問わず、医師としての基本的態度、知識、技術が要求されます。
     当院では冠動脈疾患は、心臓血管内科が独立して診療をしています。脳血管障害のうち脳梗塞でインターベンションが不必要な患者さんは内科でみていますし、呼吸器疾患はCOPD、喘息も多く、肺癌等は呼吸器専門医が診療しています。内科としては単に症例、疾病、欠陥臓器保有者としてではなく全人的に診ていきます。

  •  診療時間としては、時間外・救急・時間内のすべての時間に対応し、紹介患者さん・非紹介患者さんを外来や必要に応じて入院で診療します。当院では日常よく行う検査として胃カメラ、大腸内視鏡、エコー(腹部、心臓)検査、気管支鏡検査、CT、MRI、MRA、脳血流シンチ、心筋シンチ、肺血流シンチなどの検査をしています。
  • ページトップに戻る

  • 診療実績

      2014年 2015年
      上部内視鏡検査 予定 4425 4713
      ER 285 236
      4710 4949
      上部内視鏡的止血術 予定 40 62
      ER 95 93
      135 155
      EIS 17 1
      EVL 予定 16 7
      ER 12 11
      28 18
      ポリペクトミー 6 5
      食道拡張術 9 5
      異物除去 予定 2 1
      ER 18 12
      20 13
      ESD(胃) 17 27
      ESD(食道) 5 5
      PEG造設 49 54
      PEG造設交換 15 13
      胆道内視鏡検査 178 146
      EST 64 51
      砕(採)石術 29 17
      胆道ステント 6 2
      ERBD 79 62
      小腸内視鏡検査 5 0
      十二指腸ステント 1 0
      大腸内視鏡検査 2238 2375
      ポリペクトミー 150 152
      EMR 430 454
      下部内視鏡的止血術 21 22
      ESD 13 16
      軸捻転解除 11 11
      気管支内視鏡検査 予定 127
      ER 114
      241 237
      ステント留置 2 1



    • 2015年の月別診療実績はこちら

  • ページトップに戻る

  • 医師紹介

      牧原 浩(まきはら ひろし)

      役職 副院長
      資格
      所属学会
    • 日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医
    • 日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア指導医
    • 専門分野 内科一般

      田中 俊樹(たなか としき)

      役職 部長
      資格
      所属学会
    • 日本内科学会総合内科専門医
    • 日本救急医学会救急科専門医
    • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
    • 専門分野 消化器内科、内科一般

      猪谷 克彦(いたに かつひこ)

      役職 部長
      資格
      所属学会
    • 日本内科学会認定内科医
    • 日本内科学会総合内科専門医
    • 日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医
    • 専門分野 リウマチ内科

      竹本 隆博(たけもと たかひろ)

      役職 副部長
      資格
      所属学会
    • 日本内科学会総合内科認定内科医
    • 日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医
    • 日本消化器内視鏡学会学会員
    • 日本消化器病学会学会員
    • PEG・在宅医療研究会嚥下機能評価研修修了
    • 専門分野 内科一般

      若狭 亮(わかさ りょう)

      役職 医員
      資格
      所属学会
  • ページトップに戻る

  • 施設認定

    • 日本内科学会認定医制度教育関連病院
    • 日本消化器内視鏡学会指導施設
    • 日本消化器病学会専門医制度認定施設
    • 日本病理学会研修登録施設
    • 日本がん治療認定医機構認定研修施設
    • 日本呼吸器学会関連施設
    • 日本救急医学会救急科専門医指定施設
  • ページトップに戻る

  • カンファレンス

      1.新入院カンファレンス(月~土の毎朝8時から9時まで)
      • 内科病棟ナースステーションにおいて、前日および当直帯で入院した患者さんについて、 1人1人研修医がプレゼンテーションして、内科スタッフと診断や初期治療について、検討している。そのあとで患者さんのベッドサイドへ行き、診察をして、今後の治療方針等について話し合っている。また現在入院している患者さんで診断や治療について相談したい患者様についてみんなで話し合っている。
      2.症例検討会(毎週水曜日午後5時から)
      • 現在入院している患者さんで診断や治療に苦慮している症例について全員で検討し、文献等も参考にしてよりよい方針を話し合っている。
      3.臨床病理検討会(適時金曜日午後から)
      • 当院にて死亡された患者さんで病理解剖のご協力が得られた患者さんについて、主治医から入院時の診断と治療について報告を聞き、最終的に病理医の報告とつき合わせて診療は正しかったかどうか、病気の病態はどの様であったのか等を検討している。
  • ページトップに戻る