眼科

概要・沿革

  •  眼科診療における特記すべき発展は電子カルテ導入と光干渉断層計(OCT)の登場です。これらの機器によって目の病気の画像や情報を患者さんと眼科医とが簡単に共有出来る様になりました。この様な最新機器を駆使して、以下の三段階診療をモットーにしています。

    • 患者さんと家族の方に、
    •  ①診断結果・病状の十分な説明
    •  ②複数の治療方針説明
    •  ③治療方針を決定する

診療内容

  • ・白内障手術
  • ・緑内障および加齢黄斑変性の治療や手術
  • ・増殖糖尿病網膜症
  • ・硝子体出血
  • ・網膜剥離
  • ・黄班円孔
  • ・黄斑前膜などの網膜硝子体疾患に対する治療ならびに硝子体手術
  • ・加齢による眼瞼下垂
  • ・内反症などの眼瞼手術

主な診療機器・手術機器

    主な治療機器

    • 1.光干渉断層計(OCT、シラス)
      •  厚さ0.2ミリの網膜の病変を検出します。網膜断面が撮影できるので網膜内部の異常が分かります。加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、黄斑円孔、黄斑上膜、網膜静脈閉塞症などの黄斑部を中心とした疾患の診断に有用です。また、緑内障では神経が障害されますが、神経線維層の厚みを測定し、神経初期障害の程度を簡単に検出可能となります。

    • 2.前房蛋白濃度測定装置(レーザーフレアメーター)
      • ぶどう膜炎、虹彩毛様体炎、眼球打撲などの際には眼の中に炎症が起こります。炎症の程度をレーザーにより測定しますので、結果は数値で示されます。炎症が治ったか、悪化しているのか直ぐ分かります。

    • 3.光干渉非接触式眼軸長測定装置
      • 白内障手術は、水晶体再建術と呼ばれ、濁った水晶体を取り出しその後、眼内レンズを挿入します。そのため、眼内レンズの度数を正確に決定する必要があります。その大事な度数決定のために必要な眼軸長(眼の前後の長さ)をレーザーによって測定する機器です。眼内レンズの度数ずれが最小限となります。

    主な治療機器

    • 白内障ではインフィニティ(アルコン社)、硝子体手術ではコンステレーション(アルコン社)を用いてそれぞれ手術を行っています。

診療実績

  • 初回網膜復位術後の再手術率
  • 2014年 2015年
    総件数 6 3
    再手術数 2 0
    再手術率 33.3% 0.0%

  • 超音波白内障手術における眼内レンズ非挿入率
  • 2014年 2015年
    総件数 0 191
    非挿入数 0 0
    非挿入率 0.0% 0.0%

  • 超音波白内障手術における眼内レンズ嚢外固定率
  • 2014年 2015年
    総件数 184 191
    固定数 2 1
    固定率 1.1% 0.5%

医師紹介

    赤木 好男(あかぎ よしお)

    役職 部長
    資格
  • 福井大学名誉教授
  • 日本眼科学会専門医、指導医、名誉会員
  • 所属学会
  • 日本眼科学会
  • 日本眼科医会
  • 日本白内障学会
  • 日本眼科手術学会
  • 日本糖尿病眼学会
  • 京都眼科医会
  • 甲斐 健一(かい けんいち)

    役職 医長
    資格
    所属学会
  • 日本眼科学会専門医
  • 京都眼科医会
  • <非常勤医師>


    • 笹岡 眞紀子(ささおか まきこ)



専門医に関係する施設認定

  • 本院眼科は専門医認定施設となっています。
    • 日本眼科学会専門医制度研修施設(認定番号2438)