平成27年度 病院指標

  • 医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

    1.  年齢階級別退院患者数

    2.  診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

    3.  初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

    4.  成人市中肺炎の重症度別患者数等

    5.  脳梗塞のICD10別患者数等

    6.  診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

    7.  その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

    年齢階級別退院患者数
    年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
    患者数 867 271 278 360 552 683 1751 2415 1579 335
    幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいております。高齢化が進む中で、70歳以上の患者さんは全体の47%となっています。当院の特徴としては、小児、周産期医療にも力をいれており、10代までの患者さんも多くなっています。
    診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
    内科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 268 13.11 14.34 3.73 66.48
    040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 146 22.86 21.69 13.01 81.55
    110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 90 18.12 12.60 6.67 76.52
    高齢化に伴い、内科では肺炎などの感染症が上位3位を占めています。呼吸器疾患はCOPD、喘息も多く、肺癌等は呼吸器専門医が診療しています。内科としては単に症例、疾病としてではなく全人的に診ていきます。
    心臓血管内科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 484 2.5 4.87 0 70.44
    050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 237 2.06 3.07 0 68.22
    050130xx99000x 心不全 116 16.48 18.30 6.03 77.7
    心臓疾患の患者さんを主に担当しています心臓血管内科では、狭心症、心筋梗塞など虚血性心疾患で経皮的冠動脈形成術(PCI)を受けておられる患者さんが最も多く、その次がPCIを受けておられない診断のみの心臓カテーテル検査の狭心症、慢性虚血性心疾患の患者さんです。3番目は少し高齢者になりますが、心不全のための入院患者さんです。
    小児科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 215 6.66 5.72 0 2.04
    010230xx99x00x てんかん 57 3.82 7.03 0 7.47
    150040xxxxx0xx 熱性けいれん 45 3.64 3.97 0 1.89
    小児科では、肺炎や気管支炎などの感染症の患者が最も多く、次いで、てんかん、熱性けいれんでの患者が多くなっています。救急搬入件数が京都府下上位である特性から、急性期疾患を中心としてあらゆる疾患の1〜3次までの診療を行い、約1,500人の小児救急車来院患者のうち、600〜700人の入院患者の治療を行っております。また、年間約40,000人の外来患者の診療を行っています。
    外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 66 7.55 9.17 3.03 65.09
    060245xx97xxxx 内痔核 56 3.48 6.01 0 60.25
    060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 56 4.43 6.96 0 62.95
    当院の外科では、外科全般をカバーできるよう、消化器外科・呼吸器外科・小児外科などに専門医がおり、幅広くかつ専門性の高い医療を 提供しています。胆石症や急性虫垂炎に対しては腹腔鏡手術を積極的に取り入れており、最近では鼠径ヘルニア・胃がん・大腸がんなどの悪性疾患に対しても徐々に腹腔鏡手術を取り入れています。
    整形外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 104 38.19 28.70 43.27 77.76
    160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 22 6.05 5.41 0 23.59
    160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 21 32.57 21.52 28.57 71.43
    患者数では股関節大腿近位骨折が多くなっています。四肢外傷、脊椎外傷、感染症などの救急疾患のほか脊椎変性疾患、リウマチ疾患、人工関節、関節鏡視下手術なども行っております。
    形成外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 27 8.37 5.86 0 41.63
    070570xx010xxx 瘢痕拘縮 9 6.33 6.36 0 37.67
    070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 7 8.14 5.12 14.29 53.57
    外傷の救急患者に対する症例が多く、顔面損傷がトップとなっています。また腫瘍に対する治療も行っています。形成外科とは見た目を大事にしながら、機能面も追及した治療を行う診療科です。
    脳神経外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 33 10.64 7.52 9.09 48.55
    010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 29 20.31 11.91 6.9 74.31
    010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 23 27.09 19.32 13.04 62.13
    脳血管障害(いわゆる脳卒中)と高速道路や幹線道路に近接している事により交通外傷を含む頭部外傷が多いのが特徴ですが、脳腫瘍に対しても手術、治療だけではなく、化学療法・放射線治療の集学的治療を行っています。
    心臓血管外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 37 13.78 13.19 0 74.59
    050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 21 46.62 29.8 14.29 68.33
    050163xx01x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 20 39.15 32.27 5 71.7
    胸部心臓大血管手術の対象の患者さんが多いのが特徴です。ご要望に合わせて、体への負担が少なく傷も小さい小切開手術、人工心肺を使用しない手術、ステントグラフト内挿術やそれらを組み合わせたハイブリッド治療などにも専門医師が対応しております。
    産婦人科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    120260xx01xxxx 分娩の異常 45 8.78 9.63 0 32.2
    120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 13 9.31 11.88 0 33.46
    120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 12 8.75 10.43 0 53.67
    当院ではPICUおよびNICUを有している為、院内のみならず近隣の産婦人科医療機関から母体搬送や産褥搬送を受け入れ、 正常分娩のみではなくハイリスク妊娠の管理を多数行っています。婦人科疾患も多く受け入れています。
    眼科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    020200xx99x4xx 黄斑、後極変性 26 2.23 2.53 0 72.0
    020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 6 3.5 2.72 0 81.33
    020160xx97xxx0 網膜剥離 4 7.5 11.08 0 68.75
    疾患別患者数では、黄斑、後極変性が最も多く、次いで白内障、水晶体の疾患 、網膜剥離 となっています。比較的高年齢の患者さんが多い統計となっています。
    泌尿器科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    110070xx0200xx 膀胱腫瘍 57 6.74 7.59 0 73.18
    11012xxx040x0x 上部尿路疾患 34 2.12 2.19 0 53.15
    110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 24 14.03 16.92 0 70.08
    尿路悪性腫瘍、前立腺疾患、尿路結石を中心にあらゆる泌尿器科疾患に対応しています。特に近年増加傾向にある前立腺疾患(前立腺癌・前立腺肥大症)に対しては積極的に手術的加療を行っていますが、手術の精度を上げながらもなるべく侵襲が少なくなるように、最先端のロボット支援腹腔鏡下根治的前立腺前摘除術を行っております。
    初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
    初発 再発 病期分類
    基準(※)
    版数
    Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
    胃癌 19 4 8 3 29 37 1 6,7
    大腸癌 19 24 30 12 17 51 1 7
    乳癌 5 6 6 1 7 11 1 7
    肺癌 20 9 19 37 27 39 1 7
    肝癌 1 7 0 1 5 61 1 7
    ※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
    現在、日本で最も罹患率の高い5つのがん(胃がん・大腸がん・乳がん・肺がん・肝がん)の病期(Stage)ごとの症例数を集計したものです。がんの診断、初回治療を行った場合を「初発」として病期分類ごとに集計し、初回治療以降の継続治療を行った場合を「再発」として集計しています。 情報を公開することで、その病院がどの程度がん治療に積極的に治療をしているかを知ることができます。また病期分類別にみることで、その病院の診療の幅広さを知ることができます。
    当院では、平成27年6月より放射線治療科を新設いたし、従来の手術や抗がん剤治療以外にも患者さんに合わせた治療法を選択し総合的に医療を提供しております。また、症例数の少ない『乳癌』『肝癌』に対しましても、現在は専門の先生に着任していただきどの臓器でも衰えのない医療の提供をできるよう整備いたしております。また、緩和ケア病棟を有しており、治療が困難とされたがん患者さんの苦痛を和らげる緩和ケア治療の体制も整えています。
    成人市中肺炎の重症度別患者数等
    患者数 平均
    在院日数
    平均年齢
    重症度 0 68 8.6 49.68
    重症度 1 72 14.13 77.08
    重症度 2 10 20 85.5
    重症度 3 4 10.5 76.5
    重症度 4 0 0 0
    重症度 5 0 0 0
    不明 0 0 0
    比較的若年層では重症度の低い患者さんが多く、重症度が上がるほど、年齢が高齢化する傾向が見られます。嚥下性肺炎は入っておらず市中肺炎のみの統計ですが、感染性の市中肺炎でも高齢者ほど重症化して入院され、入院期間も長くなっています。患者数では重症度0と重症度1という比較的重症度が低い統計となっています。
    脳梗塞のICD10別患者数等
    ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
    G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 24 9.25 71.63 0
    その他 8 5.38 69.88 0
    G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0 0 0
    その他 0 0 0 0
    I63$ 脳梗塞 3日以内 144 37.1 71.52 16.02
    その他 37 25.95 71.43 1.66
    I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 8 13.5 78 6.25
    その他 24 10.75 70.83 0
    I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 10 21.3 63.8 6.25
    その他 2 7.5 36.5 0
    I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 2 7.5 36.5 0
    その他 0 0 0 0
    I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0 0 0
    その他 1 2 0 0
    脳梗塞を国際的な疾病等の分類(ICD-10分類)に基づき、入院患者数等を見た指標です。
    当院の脳梗塞の患者さんの70%以上は発症3日以内に治療が開始され、早期診断、早期治療開始、早期リハビリとともに、円滑な急性期から回復期リハビリ病棟への移行及び、リハビリ病院への転院により、発症後のADL(日常生活動作)障害が軽減するよう努めています。
    診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
    内科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K654 内視鏡的消化管止血術<胃> 70 0.73 14.77 5.71 69.79
    K688 内視鏡的胆道ステント留置術 35 2.17 18.29 11.43 72.06
    K386 気管切開術 23 11.04 55.87 39.13 75.35
    内視鏡的消化管止血術(胃)は、胃癌、胃潰瘍、胃穿孔による消化管出血に対し、消化管の出血部位を内視鏡下に確認しレーザーや止血クリップなどにより止血する術式です。次に多い内視鏡的胆道ステント留置術は良性胆道狭窄や悪性疾患に対する一時的な減黄処置としても行われますが、高齢者や手術不能な悪性胆道狭窄に対する永久的な胆道ドレナージ法として有用であります。
    心臓血管内科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 421 0.83 1.85 0.24 71
    K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 50 0.06 1.7 0 71.86
    K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 47 0.02 15.64 6.38 65.3
    平成27年の心臓血管内科部門における冠動脈および末梢抹消血管のカテーテル治療は計781件、ペースメーカーなどのデバイス治療は計58件であった。経皮的心肺補助装置を用いた集中治療(VA-ECMO、VV-ECMO)も計40件に上り過去最高の件数となった。
    小児科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K7151 腸閉塞症手術(腸重積症整復術)(非観血的) 12 0.08 2.33 0 1.92
    K666 幽門形成術(粘膜外幽門筋切開術を含む) 3 3.67 6.33 0 0
    K726 人工肛門造設術 3 3 21.67 0 0
    小児外科専門医がおり、幅広くかつ専門性の高い医療を提供しています。
    外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K6335 鼠径ヘルニア手術 160 0.18 1.13 0.62 47.98
    K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 83 1.72 3.13 1.2 62.36
    K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術) 53 0.43 2.42 0 61.94
    当院の外科では、外科全般をカバーできるよう、消化器外科・呼吸器外科・小児外科などに専門医がおり、幅広くかつ専門性の高い医療を 提供しています。胆石症や急性虫垂炎に対しては腹腔鏡手術を積極的に取り入れており、最近では鼠径ヘルニア・胃がん・大腸がんなどの悪性疾患に対しても徐々に腹腔鏡手術を取り入れています。平成10年より、当時としては比較的早くから日帰り手術を取り入れており、現在でも約30%が日帰りでの手術を施行しています。
    整形外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K0461 骨折観血的手術(上腕)<内固定を行なう> 99 1.94 31.17 29.29 71.72
    K0462 骨折観血的手術(前腕)<内固定を行なう> 41 1.8 19.37 9.76 51.32
    K0811 人工骨頭挿入術(股) 30 2.97 34.2 50 78.67
    【四肢骨折】症例に応じて髄内釘やプレートやワイヤーなどを使用し出来るだけ早期に固定術を施行し、早期にリハビリを開始しています。高齢者の大腿骨頸部内側骨折では術後の疼痛緩和を考慮し近年開発されたスライド式の特殊なスクリューを用いたり、人工骨頭置換術は安全性を考慮しセメントを使用しないタイプのインプラントを第一選択としています。【人工股関節置換術】変形性股関節症、関節リウマチ、大腿骨頭壊死、骨盤骨折後変形などに対し人工股関節置換術を行っています。【人工膝関節置換術】変形性膝関節症、関節リウマチ、骨壊死、外傷後変形などに対し人工膝関節置換術を行っています。
    形成外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K333 鼻骨骨折整復固定術 18 1.06 4.11 0 36.22
    K0021 デブリードマン(100cm2未満) 11 8.82 8.64 0 63.91
    K427 頬骨骨折観血的整復術 11 4.64 8.73 0 53.0
    外傷の救急患者に対する症例が多く、顔面損傷がトップとなっています。切断指、眼窩底骨折など緊急手術を必要とする疾患に対しても対応いたします。
    上記術式以外にも腫瘍、先天異常、瘢痕・ケロイド、難治性潰瘍の手術実績も多くなっています。
    脳神経外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 33 2.27 19.12 9.09 74.15
    K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 16 2.19 69 18.75 67.38
    K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 10 14.2 50.5 10 65.8
    脳腫瘍、脳血管障害、外傷、奇形、水頭症、血管内手術など入院患者数、手術件数ともに増加している。また、頭蓋内主幹動脈閉塞症例に対してt-PAの全身投与後に速やかに脳血管撮影、脳血管内手術による経皮的血栓除去術が行えるようになっている。
    心臓血管外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 36 1.42 16.67 2.78 76.72
    K5603ニ 大動脈瘤切除術(上行・弓部同時)(その他) 27 6.96 41.96 14.81 71.3
    K923 術中術後自己血回収術 24 7.33 42.25 20.83 70.79
    胸部心臓大血管手術の対象の患者さんが多いのが特徴です。2015年実績は161件、総手術数332件でした。ご要望に合わせて、体への負担が少なく傷も小さい小切開手術、人工心肺を使用しない手術、ステントグラフト内挿術やそれらを組み合わせたハイブリッド治療などにも専門医師が対応しております。
    産婦人科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 54 4.07 7.22 0 33.37
    K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 23 2.17 7.13 0 30.61
    K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 17 1.35 6.88 0 53.41
    当院ではPICUおよびNICUを有している為、院内のみならず近隣の産婦人科医療機関から母体搬送や産褥搬送を受け入れ、ハイリスク妊娠の管理を多数行っています。また、卵巣嚢腫、子宮筋腫に対する手術の症例も多くなっています。
    眼科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 222 1.01 1.24 0 74.08
    K275 網膜復位術 3 2 5.67 0 61.67
    K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 3 1 4.33 0 68.33
    白内障手術は、水晶体再建術と呼ばれ、濁った水晶体を取り出しその後、眼内レンズを挿入します。そのため、眼内レンズの度数を正確に決定する必要があります。その大事な度数決定のために必要な眼軸長(眼の前後の長さ)をレーザーによって測定する光干渉非接触式眼軸長測定装置を用いて眼内レンズの度数ずれを最小限にします。
    泌尿器科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 51 1.33 4.2 0 72.76
    K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 34 0.12 1 0 53.15
    K843 前立腺悪性腫瘍手術 24 3.17 12.75 0 70.08
    尿路悪性腫瘍、前立腺疾患、尿路結石を中心にあらゆる泌尿器科疾患に対応しています。特に近年増加傾向にある前立腺疾患(前立腺癌・前立腺肥大症)に対しては積極的に手術的加療を行っていますが、手術の制度を上げながらもなるべく侵襲が少なくなるように、最先端のロボット支援腹腔鏡下根治的前立腺前摘除術を行っております。
    その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
    DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
    130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.01
    異なる 1 0.01
    180010 敗血症 同一 33 0.36
    異なる 56 0.62
    180035 その他の真菌感染症 同一 2 0.02
    異なる 2 0.02
    180040 手術・処置等の合併症 同一 43 0.47
    異なる 15 0.16
    「同一」とは、入院の契機である疾患と入院中の主な治療目的の疾患が同一か否かということです。
    播種性血管内凝固症候群(DIC)は、さまざまな重症の基礎疾患により、全身の血管内で血栓ができる病態です。敗血症は血液が細菌に感染することにより全身に炎症を起こす病気です。肺炎や尿路感染症、腹膜炎、悪性腫瘍などが原因となります。全国平均はDICは0.17%、敗血症は0.56%です。
    手術・処置などの合併症には、術後の創部感染や出血、縫合不全などがあります。一定の確率で起こり得るものですので、完全になくすことはできません。起こり得る合併症に関しては、事前に十分に説明した上で、発症が最小限になるように努めています。