診療科紹介

臨床試験センター

宇治徳洲会病院 臨床試験センター

 

※2017年7月1日より、当部署の名称を「治験センター」から「臨床試験センター」に変更しております。

 

職員紹介

職種 氏名
顧問(薬剤師) 妻谷 多美代
主任(薬剤師) 棧 亮平
副主任(臨床検査技師) 元田 健太郎
CRC(看護師) 松岡 文子
CRC(看護師) 岡本 一輝
CRC(看護師) 篠原 りさ

※日本臨床薬理学会認定CRCが1名在籍しております。

 

臨床試験センターの沿革

平成18年に開設しました。

現在は治験のほかにも、製造販売後臨床試験、臨床研究や製造販売後調査などの業務にも積極的に取り組んでいます。

 

今後の展望・目標

『最善の医療をより早く、より多くの人に提供することを使命として、積極的に臨床試験を推進します。』

臨床試験を取り巻く状況は刻々と変化しています。本邦における治験の空洞化に端を発した国内の新薬の承認の遅れ(ドラックラグ)や、それに伴う未承認薬の使用問題は医療に関わるすべての関係者にとっての課題です。

『生命だけは平等だ』の理念の下、当院治験センターでは患者さんに最善の医療をより早くお届けするため、徳洲会グループのスケールメリットを生かし、スピーディで質の高い治験を実施しています。私たちは治験を通じて医療の発展と患者さんの未来の希望に貢献すべく日々業務に取り組んでおりますが、これらは患者さんや関係者の方々のご協力のもとに成り立っております。皆様のご理解ご協力をお願いいたします。

 

臨床試験センターの実績/終了治験の実施状況

       ※当該年度に治験終了届を提出済の治験。契約数は初回契約例数を記載
対象 診療科 実績(実施例数/初回契約例数)・実施率
平成28年度
末梢動脈疾患 III 心臓血管内科 8例/12例・66.7%
脂質異常症 III 心臓血管内科 33例/15例・220%
心房細動 II III 心臓血管内科 12例/12例・100%
特発性全般てんかん III 神経内科 1例/1例・100%
癌性疼痛 II III 外科 9例/6例・150%
癌性疼痛 III 外科 0例/4例・0%
癌性疼痛 III 外科 3例/4例・75%
平成27年度
慢性心不全の増悪 II 心臓血管内科 1例/2例・50%
脳梗塞 III 脳神経外科 10例/10例・100%
小児糖尿病 IV 小児科 2例/2例・100%
特発性全般てんかん III 神経内科 1例/1例・100%
アルツハイマー型認知症 III 神経内科 4例/8例・50%
帯状疱疹予防ワクチン III 皮膚科 48例/48例・100%
帯状疱疹予防ワクチン III 皮膚科 52例/52例・100%
脂質異常 III 心臓血管内科 11例/13例・84.6%
平成26年度
脂質異常 心臓血管内科 16例/16例・100%
逆流性食道炎 内科 1例/4例・25%
院内肺炎 救急総合診療科 1例/6例・16.6%
慢性心不全の増悪 II 心臓血管内科 3例/3例・100%
C. difficile感染症 III 救急総合診療科 2例/2例・100%
平成25年度
アルツハイマー型認知症 神経内科 9例/10例・90%
慢性冠動脈新疾患 心臓血管内科 30例/20例・150%
急性冠症候群 心臓血管内科 6例/7例・85.7%
COPD 呼吸器内科 5例/5例・100%
消化性潰瘍予防薬 消化器内科 5例/8例・63%
消化性潰瘍予防薬 消化器内科 8例/12例・67%
消化性潰瘍予防薬 整形外科 4例/6例・67%
消化性潰瘍予防薬 整形外科 3例/4例・75%
てんかん 神経内科 2例/2例・100%
Ⅱ型糖尿病 内科 8例/12例・66.7%
平成23年度
急性冠症候群 心臓血管内科 10例/12例・83%
急性冠症候群 心臓血管内科 8例/9例・88.8%
消化性潰瘍予防薬 消化器内科 6例/6例・100%
COPD 呼吸器内科 6例/6例・100%
非弁膜症性心房細動 心臓血管内科 25例/36例・69.4%
消化性潰瘍予防薬 内科 6例/6例・100%
平成22年度
ESA製剤 人工透析内科 6例/8例・75%
COPD 内科 10例/10例・100%
平成21年度
ワクチン Ⅰ〜Ⅱ 小児科 16例/30例・53.3%

採用情報

  1. rec-01
    医師採用

  2. rec-01
    研修医採用

  3. rec-03
    看護職採用

  4. rec-02
  5. rec-04

公開情報

  1. data-01
  2. data-01
PAGE TOP