当院における患者さんの個人情報の利用目的

1.院内での利用

  • 1)患者さんに提供する医療サービス
  • 2)医療保険事務
  • 3)入退院等の病棟管理
  • 4)会計・経理
  • 5)医療事故等の報告
  • 6)患者さんへの医療サービスの向上
  • 7)院内医療実習への協力
  • 8)医療の質の向上を目的とした院内症例研究
  • 9)その他、患者さんに係る管理運営業務

  • 1.当院に個人情報管理責任者をおき、個人情報保護に関する法令及びその他のガイドラインを遵守し、個人情報管理体制を確立します。

  • 2.当院で扱われるすべての個人情報について、それらの情報の管理方法、管理責任を規定し、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩などが発生しないよう、また情報システム・技術システムのセキュリティの向上を図り、安全対策を実施いたします。

  • 3.個人情報の収集・利用・提供については、個人情報に関する個人の権利を尊重し、収集目的・使用範囲の限定を明示し、適切な管理を行います。また当院職員に対し、当院の基本方針を周知徹底させ、個人情報保護のための啓発活動や教育を継続いたします。

  • 4.当院では、一部、検査等を外部の医療施設等に委託する場合があります。その際に、患者さんの情報をこれらの施設に知らせる必要が生じる場合があります。この場合、当院では信頼のおける施設等を選択すると同時に、患者さんの個人情報が不適切に取り扱われないように契約を取り交わします。

  • 5.当院では、患者さんが継続的に良い医療を受けられるように、診療に関する情報を病院・診療所などに提供する場合があります。また医療安全面と教育の為に、手術・検査・処置時に画像を録画し保存する事があります。これらの情報は医学の発展を目的として、個人を特定できない形にした上で学会や研究等で利用する場合があります。

  • 6.当院では、患者さんの必要に応じて医療情報を開示しています。ただし、最良の治療の継続に支障をきたすことが考えられる場合は、開示しないことがあります。

  • 7.当院は、以上の活動について内容を継続的に見直し、改善に努めます。

  • 8.上記の基本方針に関するお問い合わせは、担当窓口までお願いします。



  • 2005年4月1日 摘要
  • 2014年4月1日 改訂

  • 医療法人徳洲会
  • 宇治徳洲会病院
  • 病院長 末吉 敦