病院見学・インターンシップお申し込みはこちらから

脳神経外科(5階東病棟)

5東病棟は42床の脳神経外科、歯科口腔外科、眼科の病棟です。各科の周手術期や各種検査、処置、急性期・亜急性期の患者さんが入院され、多岐に渡る看護を提供しています。日々忙しい中で、患者さんにやさしく温かい看護を目指しています。




日常の業務内容は?

受け持ち患者さんのバイタル測定、意識状態や全身状態の観察、保清やオムツ交換、口腔ケア、検査の介助、処置の介助、脳アンギオや血管内治療の介助、退院支援患者のカンファレンス

・毎週月曜日:他職種(医師、看護師、リハビリ、患者相談室)とのリハビリカンファレンス。
・毎週金曜日:脳神経外科回診




部署の雰囲気は?

厳しい中にも笑いがあります。若いスタッフが多く、いろんなことを吸収しようと頑張っています。
定時で帰れるよう業務改善しています。




他の病棟にはない魅力や自慢は?

脳アンギオや血管内治療に平成28年度から病棟スタッフが24時間体制で関わっています。
機械浴の許可の出た患者さんは、2回/週スタッフが力をあわせてシャワー浴していただいています。
ベッド上で生活されている患者さんも、全身きれいですよ。




看護師内で現在の流行は?

「おはよう」を大きい声で言う。
ラーメン大好きなスタッフが多く、どこのラーメンが美味しいか、行った店の自慢をしています。




医師や他部署との連携で意識することは?

相手の状況を確認したうえで、簡潔に口調にも気を付けて伝える。
相手の立場も理解したうえで連携を取るように気をつけている。




患者さまやお見舞いへ訪れる方へ

インフルエンザが流行しています。マスクの着用はもちろんですが、体調の悪い方はご面会は控えてください。
口から食べれない患者さんや制限のある患者さんが多いので、食べ物のお見舞いは確認してからにしてください。




新入職者に期待することは?

自分の目標に向かって、頑張ってほしい。明るく、元気でやる気があることを期待しています。




今年の目標は?

患者さんに安心してもらえるような看護をする。
病棟の抱負「飛躍」 人材育成に力を入れて、看護の質を高め飛躍の年にしたい。




京都に住んでみて感じたことは?

お寺が多い。観光地。夏暑くて、冬は寒い。 (2年目/和歌山県出身)




入職を検討されている方へメッセージを

救急病院で忙しい病棟です。意識障害のある患者さんが多いですが、やりがいはあります。
看護力が試される部署だと思います。いろんなことが経験でき、やる気のある方はスキルアップできます。
脳アンギオや血管内治療に興味のある方、お待ちしています。