病院見学・インターンシップお申し込みはこちらから

緩和ケア病棟

当院緩和ケア病棟のミッション

生命を脅かす疾患(悪性腫瘍、AIDS)を抱える患者・家族が最期までその人らしく生きられるように患者の尊厳を守りながら継続ケアを実践していく。そのために、チーム医療を展開し全人的視点をもってサポートしていくこと、専門的知識と技術を駆使して患者・家族の苦痛・苦悩の緩和に努めていくことが当院緩和ケア病棟のミッションだと考えています。

緩和ケア病棟の病床数は14床です。急性期病院の中にある緩和ケア病棟としての役割を模索しながら日々頑張っています。症状が緩和できたら自宅への退院、もしくは次の療養先を患者・家族と一緒に考え退院支援にも力を入れています。



当院緩和ケア病棟入棟基準

(1)がんあるいはAIDSの確定診断を受けている
(2)患者・家族が病名、病状を理解している
(3)がんに対する手術、抗がん剤治療、放射線治療など積極的治療や不必要な検査を行わないことを同意している
(4)がんに伴う苦痛があり、緩和ケアが必要と医師が判断している
(5)患者・家族が緩和ケア病棟について理解して入院を希望している
(6)介護者の休息を目的としたレスパイト入院
(7)基本的に無意味な延命処置は行わないことに同意している
(8)当院の緩和ケア病棟に入院したことがある登録患者




目標

今年度の病棟スローガンは「和」。 お互いに相手を大切にすることで「わ」が生まれる。また自分の意見だけに固執することなく、相手の意見に加算「わ」することでよりよい意見が生まれる。 1+1=2ではなくどんな数にもなりうる無限の可能性がある病棟にしていきたいと思っています。




日常の業務内容

固定チームナーシングで2チーム制をとっています。



その人らしい毎日を過ごしてもらうために、私たち看護師はスタッフ間での情報共有から一日が始まります。医師・看護師・薬剤師・栄養士・退院調整看護師など専門職が集まりカンファレンスを行います。患者さんのために私たちは何ができるのかを常に考え活発に意見交換しています。



患者さんのペースに合わせ、保清・散歩・リハビリなど実施します。
ベッドから動きたくない時は、季節感が感じられるよう、少し窓を開けて外の空気を吸ってみるのもヨシ!
ベッドで外が見える場所へ連れて行ってもらうのもヨシ!
談話室で家族団らんもヨシ!
さぁ、今日はどんな1日になるのか、看護師も一生懸命お手伝いしますよ。



不安で眠れない夜、悲しくて辛い夜、そんな時は看護師がそばにいますよ。
少しココロを開いてみてください。しんどい時は誰かに甘えてください。
人は支え、支えられながら生きていくものです。




医師や他部門との連携で意識すること

それぞれが持っている専門的スキルを最大限に発揮できるように一人の患者さんに多方向からアプローチできるよう調整するのも看護師の重要な役割だと思っています。
患者さんに一番近い看護師だからこそ、声にならない患者さんの心の声を伝えていけたらと思います。




病棟自慢

平均年齢は一般病棟よりも高め。でもそこは看護師としての経験年数が違います。
経験豊富な看護師だからこそ、個別性のある看護ケアが提供できるのです。
また緩和ケアがやりたいと希望して配属されたスタッフが多いため院内外の勉強会や研修にも積極的に参加しています。




入職を検討されている方へ

急性期では看護よりも、日々の業務に追われてしまうことも多いためもっと患者さんに寄り添った看護がしたいと思うことがあったと思います。その点、緩和ケア病棟では患者さんだけではなく家族ケアにもしっかり関わることができます。




入職者に期待すること

緩和ケアでは高度な医療技術よりも、患者・家族の気持ちをくみ取り、寄り添える温かいココロが大切です。誰かに必要とされる看護師であることが私たちの誇り。
一緒に看護を追求してみませんか?




緩和ケア病棟で勤務しているがん専門看護師より

専門看護師を目指したきっかけ

私が専門看護師を志したきっかけは「がん」と診断された患者さんが最期まで「がん」と戦っていた姿を見てきたことです。「がん」と診断されることで、患者さんやご家族は身体のことだけではなく仕事や生活、様々な悩みを抱えることを知りました。同時に患者さんやご家族の強さと優しさも教えてもらいました。その時、看護師として何もできない自分に気づき患者・家族が安心して過ごせる方法・場所を一緒に考えていきたいと思ったことです。



専門看護師になってよかったと思う事

患者さんやご家族が、病気のことだけではなく自身の生活や家族のこと、やりたいことなどを話していただけたことがとてもうれしいです。多くの患者さんやご家族の人生の一部に関わらせて頂いていることに感謝しています。




患者さんやお見舞いに来られる方へ

24時間面会可能、日中に限りペットの面会も可能です。愛犬・愛猫との再会でまた明日も頑張れるかもしれません。
誰でも使えるキッチンも完備しています。病院食は苦手でもご家族の手料理なら少しは食べたくなるかもしれません。
8階から見る景色はとてもきれいです。毎日の天気の変化、季節の変化を楽しめます。
一般病棟では経験できないこともこの病棟ではできるかもしれません。
患者さんのために何ができるか、私たち看護師も一緒に考えたいと思っています。