代表電話0774-20-1111

予約センター0774-20-1120

健診センター0774-21-0010

お問い合わせはこちら

産婦人科/地域周産期母子医療センター

診療科の特色

 

今月の外来担当表はこちら

 

令和3年5月から産婦人科の診療体制変更により、夕診が開始致しました。

詳細は上記リンク先の外来担当表をご覧ください。

 

 

地域周産期母子医療センター

地域周産期母子医療センターの指定を受けており、早産をはじめ合併症妊娠の治療・管理に力を入れ、妊婦の急変などによる救急搬入にも対応しております。特に、当院は救命救急センター、心臓センターを有しており、妊婦の急変や心臓・循環器疾患にも対応しております。また、新生児集中治療室(NICU)9床を有し、専門の小児科医による新生児への迅速な対応が可能となっています。これらは、宇治以南の京都府における地域周産期医療(妊婦・胎児・新生児への医療)の中心となっており、期待されている所です。

 

 

出生前診断

超音波専門医・指導医がエコー検査により胎児出生前診断を行っています。

 

胎児の心臓奇形をはじめ、内臓の形態異常についてスクリーニングから診断まで行います。出生後は小児科・小児外科の医師により円滑に新生児治療(外科的治療含む)に連携しております。

 

 

婦人科疾患

婦人科では、子宮筋腫、卵巣嚢腫や子宮・卵巣がん(早期)の治療・手術、更年期障害の治療などに取り組み、手術(経腹・経膣)治療の経験も豊富で、緊急手術にも対応しております。

 

 

教授(准教授)外来

島根大学産科婦人科学教授・准教授による夕方診療と手術(月2回)、更に三重大学産婦人科教授による手術(外来)応援があります。特に婦人科疾患について専門的な診療・アドバイスが受けられ、腹腔鏡を中心とした低侵襲性の手術も受けられます。

 

 

診療内容・方針

親切・丁寧・迅速・正確な診療に心掛けております。

 

  • 周産期医療の拡充(京都南部の周産期医療への支援)
  • 出生前診断の充実
  • 婦人科疾患(腫瘍など)への医療拡充

 

 

地域からの搬送

 

当院ではPICUおよびNICUを有している為、近隣の産婦人科医療機関から母体搬送や産褥搬送を受け入れ、正常分娩のみではなくハイリスク妊娠の管理を多数行っています。また正常経過をたどっている妊婦さんでもお産は何があるかわかりません。当院では産婦人科医師・小児科医師が夜間でも常駐しているため思いがけず母子が危険な状態になった際にも迅速に対応させていただきます。また、産婦人科病棟とNICUは隣接しておりますので、もしも赤ちゃんがNICUに入院になったとしてもすぐに会いにいくことができ、すぐに母乳を届けることもできます。

 

 

妊婦健診・里帰り出産

 

妊婦健診は予約なしでも受けることができますが待ち時間が大変長くなることがあります。
スマートフォンでの予約が可能ですので、ご活用ください。

 

スマートフォンでの診療予約はこちら(外部リンク:EPARKファスパ)

 

※スマートフォンからのみ、ご予約頂けます。

※ご予約頂くには、EPARKへの会員登録(無料)が必要です。

※産婦人科外来の日程・担当医師や休診情報についてはこちらをご確認ください。

 

里帰り出産をお考えの方へ

当院では分娩制限は行っておりません。妊娠経過が順調であれば妊娠9か月頃(32~35週頃)に妊婦健診を受けていた病院の紹介状を持って当院外来を受診してください。その際に当院での出産を考えていると外来医師に伝えてください。妊娠経過に異常がある方は、妊婦健診を受けている担当の医師と里帰りの時期を相談してください。

 

 

母乳育児・母児同室

当院では母児同室を行っております。退院後、赤ちゃんとは常に一緒です。退院後に育児でつまずかないように入院中にできるだけ心配なことや不安なことを解決していただきたいと考えております。

 

また当院では母乳育児を推奨しております。母乳育児を成功させるためには、赤ちゃんとの早期接触が大切です。母児同室で赤ちゃんと一緒に過ごすことで赤ちゃんのおっぱいを欲しがるタイミングでいつでも母乳をあげることができます。赤ちゃんのタイミングでたくさん母乳をあげることが母乳育児の成功に繋がります。ただ、たまには休憩したいこともあると思います。そのようなときには赤ちゃんを一時的にお預かりして、休んでいただくことも可能です。助産師と相談しながら赤ちゃんとの生活に少しずつ慣れ、育児を楽しんでください。

 

 

入院中のスケジュール

経腟分娩の場合

 

帝王切開の場合

 

 

当院でのお産

 

当院では妊婦さん赤ちゃんの力を信じて、できるだけ自然にお産ができるようサポートしています。

 

妊婦さんと赤ちゃんの生む力・生まれる力を最大限に発揮できるよう妊婦さんをご家族さんとともに助産師が近くでサポートいたします。
しかし、お産は命がけです。何が起きるか分かりません。医療介入が必要なこともあります。
突然の出来事にも産婦人科医師・小児科医師・助産師・NICU看護師と協力しながら迅速に対応させて頂きます。

 

当院ではLDR室ですべての分娩経過を過ごして頂きます。
LDRとは陣痛(Labor)、分娩(Delivery)、回復(Recovery)の略語で、陣痛室・分娩室・回復室が一体となった個室です。
従来のように、陣痛室から分娩室へ移動することなくゆっくり過ごして頂くことができます。

 

お産の立ち会いについて

当院では、お産の立ち会いについて特別な制限は設けておりません。お産される妊婦さんご自身が希望される方はどなたでも立ち会いして頂けます。事前に立ち会いのための講習などを受けて頂く必要もございません。妊婦さんが望まれる方と一緒に赤ちゃんが生まれる瞬間を迎えて頂けます。

 

 

助産師外来

当院では助産師外来を行っております。
退院後の母乳育児や、その他育児の質問などを受けております。
また、乳腺炎などの産後のトラブルもケアさせて頂いております。
妊娠中のおっぱいケアの相談にも対応しています。

 

予約方法

0774-20-1111(病院代表TEL)へ電話して頂き「助産師外来の予約をしたい」とお伝えください。

 

 

サービス(お祝い膳・エステ)

お祝い膳

お祝いの気持ちを込めて、お祝い膳を用意させて頂いております。

 

 

エステ

 

30分無料のエステのサービスがあり、下記4種からお選び頂けます。

 

  1. 上半身+デコルテケアコース(背中・肩/20分+デコルテ10分)
  2. 上半身ケアコース(背中・肩・腰・臀部)
  3. 下半身ケアコース(足裏~太もも前面・後面)
  4. フェイシャルコース(ローションパック付き)

 

さらにご希望の方には格安でマッサージの追加や時間の延長などオプションを選んで頂くこともできます。
専門のエステスタッフが、お産後の体調に合わせてオイルのカウンセリングから本格的にさせて頂きます。ぜひ、お産後の疲れを癒してください。

 

お部屋(大部屋・個室)

お産後は個室に入院して頂いています。個室にはシャワーとトイレがついております。

 

 

 

地域医療への連携

急変を伴う母体合併症の搬送受け入れに力を入れておりますので、京都南部の医療連携病院としてご利用ください。また、胎児エコーでお悩みの症例がありましたら、胎児エコー診断(心臓奇形の診断を含む)の紹介も受け付けておりますのでご連絡下さい。

 

一方で産婦人科・緊急手術にも順応できる体制を整えておりますので、必要時には、ご一報下さい。

 

 

医師募集のご案内

年齢制限、資格などは特に問いません。
産科・婦人科いずれかを専門とする医師でも構いません。
日直・当直は相談の上、対応させて頂きます。

 

 

クリニカルインディケーター

1.患者数

指標2020年
新来院患者数152
外来患者数9,079
新入院患者数367
平均在院日数6.6日

 

 

2.分娩件数

指標2020年
経腟分娩246
帝王切開分娩134
合計380

 

 

3.疾病統計

指標2020年
産科統計
前期破水61
偽陣痛41
既往帝切後妊娠40
妊娠、分娩および産褥期に合併する貧血30
切迫早産15
妊娠、分娩および産褥期の高血圧障害15
遷延妊娠12
胎児異常疑いのための母体ケア11
妊娠中の腎尿路性器感染症11
流産11
絨毛羊膜炎10
胎児機能不全10
骨盤位9
母体の骨盤異常による分娩停止9
児頭骨盤不均衡9
前置胎盤8
過度の妊娠嘔吐7
多胎妊娠7
妊娠中の糖尿病7
癒着胎盤6
婦人科統計
卵巣良性腫瘍24
子宮筋腫20
子宮・卵巣悪性腫瘍(上皮内癌を含む)13
子宮脱9
子宮内膜症6

 

 

4.手術統計

指標2020年
帝王切開術133
選択帝王切開術83
緊急帝王切開術50
全帝王切開率35.0%
子宮附属器腫瘍摘出術(開腹/腹腔鏡)37
子宮頸管ポリープ切除術32
子宮全摘術20
子宮頸部(膣部)切除術18
子宮内膜掻爬術10
子宮脱手術(腟式/腹式)9
流産手術8
卵巣部分切除術(開腹/腹腔鏡)7

 

 

医師紹介

氏名役職専門医・認定医・その他講習修了
青木 昭和部長島根大学 医学博士
島根大学 医学部臨床教授
日本産科婦人科学会 専門医・指導医
日本超音波医学会 認定専門医・指導医
日本周産期・新生児医学会 周産期専門医(母胎・胎児)
日本周産期新生児医学会(周産期) 臨床研修指導医
日本胎児心臓病学会 評議員
母体保護法指定医
NCPRインストラクター
河邊 公志部長日本産科婦人科学会 専門医
日本小児科学会 学会員
日本思春期学会 学会員
母体保護法 指定医
高原 得栄部長日本産科婦人科学会専門医・指導医
医学博士
冨田 純子副部長日本産婦人科学会産婦人科専門医
日本周産期・新生児医学会周産期専門医(母胎・胎児)
岩田 隆一医員日本産婦人科学会会員
日本周産期新生児医学会会員
日本産婦人科内視鏡学会会員
笹森 博貴医員日本産婦人科学会会員
黒瀬 苑水医員産婦人科専門研修プログラム 専攻医(島根大学基幹プログラム)
高田 秀一顧問日本産科婦人科学会 専門医
日本周産期・新生児医学会 学会員
日本産婦人科手術学会 学会員
日本臨床細胞学会 学会員
日本アロマセラピー学会 学会員
母体保護法指定医