電話する

お問い合わせ

医療法人徳洲会 宇治徳洲会病院

〒611-0041 京都府宇治市槙島町石橋145番

代表電話:0774-20-1111
代表FAX:0774-20-2336
外来予約センター:0774-20-1120
健診センター:0774-21-0010

泌尿器科

 


 

診療科の特色

今月の外来担当表はこちら

 

尿路悪性腫瘍、前立腺疾患、尿路結石を中心にあらゆる泌尿器科疾患に対応できるように努めております。

 

特に近年増加傾向にある前立腺疾患(前立腺癌、前立腺肥大症)に対しては積極的に手術的加療を行っておりますが、手術の精度を上げながらも侵襲が少なくするように、レーザー治療や最先端の手術ロボット・ダヴィンチを導入しました。

 

 

診療内容・方針

診療方針

  • 患者さんのプライバシーに配慮した診察を行います。(泌尿器科での診察は時に患者さんの羞恥心をあおってしまうため)
  • 治療方針や手術方法は、最新のガイドラインに則って決定します。
  • 腹腔鏡手術などの先端の医療技術を提供できるよう、京都大学泌尿器科と連携しており、最先端のロボット支援腹腔鏡下根治的前立腺前摘除術、腎部分切除術を行っております。ただし、最近の医療事故の報告に見るような医療の行き過ぎのないように倫理的側面に配慮した治療をしていきます。

 

 

取り扱う主な疾患

  • 尿路悪性腫瘍(腎臓がん、腎孟がん、尿管がん、膀胱がん、前立腺がん、精巣がん、副腎腫がんなど)
  • 尿路結石
  • 尿路感染症
  • 前立腺肥大症
  • 神経因性膀胱
  • 尿失禁

 

 

MRI-超音波融合システム前立腺生検

より正確な前立腺生検が可能になりました。

前立腺がんの死亡者数は年間12,000人を超え2019年データでは男性部位別がん罹患者数は大腸がん、胃がん、肺がんを超え最多となっております。

前立腺がんの診断には「生検」といって疑わしい病変の一部を切り取り「がん」かどうかを確認する検査があります。

従来の超音波ガイド化「生検」では、がんの正確な位置を把握することが難しいため、前立腺全体にまんべんなく生検針を刺して組織を採取して診断する必要があり、1度の生検でがん組織が見つからなかった場合は、がん組織が無かったわけではなく針にがんが当たらなった可能性があります。

今回、導入した前立腺生検システム『バイオジェット』は事前にMRI画像でがんの位置を確認し、生検時に超音波画像(エコー)と重ね合わせることで針を刺す位置を教えてくれるシステムです。これにより正確にがんが疑われる組織を採取することが出来ます。

 

 

 

地域医療への連携

日頃から当院へ多数の患者さんを紹介して頂き、大変感謝しております。ご紹介頂きました患者さんには待ち時間等でご迷惑をかけてしますこともございますが、それに見合った丁寧な説明、治療に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

クリニカルインディケーター

 

 

医師紹介

氏名役職専門医・認定医・その他講習修了
伊藤 将彰部長
医学博士
日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・指導医
日本泌尿器科学会・日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会 泌尿器腹腔鏡技術認定
緩和ケア研修会 修了
厚生労働省 臨床研修指導医
田代 結医員日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医
Online Certificate of da Vinci Xi Surgeons-Japanese Online Training Module
緩和ケア研修会 修了
勝永 泰章医員泌尿器科専門研修プログラム 専攻医