代表電話0774-20-1111

予約センター0774-20-1120

健診センター0774-21-0010

お問い合わせはこちら

甲状腺専門外来

診療担当表

今月の外来担当表はこちら

 

 

地域医療との連携

この度甲状腺専門外来を拝命いたしました香川力と申します。

 

京都で生まれ、大学から愛知県名古屋市で過ごしてきました。研修修了後は内分泌外科医として十余年にわたり研鑽を積んでまいりました。京都の地で甲状腺外科の知識・技術を活かせる機会に恵まれたことを大変嬉しく感じております。

 

甲状腺乳頭癌をはじめとする悪性腫瘍や巨大な良性腫瘍(腺腫様甲状腺腫や濾胞性腫瘍)、バセドウ病やプランマー病といった甲状腺ホルモン値の異常を来す疾患に対する外科的治療を担当いたします。

 

また、高カルシウム血症に起因する尿路結石や病的骨折の原因となる原発性副甲状腺機能亢進症に対する治療の第一選択として副甲状腺腺腫摘出術が行われます。これら甲状腺・副甲状腺疾患の外科的治療の術後には、甲状腺機能低下症や副甲状腺機能低下症、反回神経損傷による嗄声といった特有の合併症を引き起こすことがあります。甲状腺乳頭癌は比較的予後の良い悪性腫瘍ですが、だからこそ適切な術式を選択し、丁寧な手術を心掛けることで、周術期のみならず患者様の人生全体における生活の質を保つことが大切と考えています。

 

ホルモンを分泌する機能性の臓器であることや、頚部という解剖学的位置関係、腫瘍の良悪性の鑑別の難しさという特性から、取っつきにくい甲状腺という臓器ですが「分かり難いことを、分かり易く」を信条に、患者様に安心して受診頂けるよう努めてまいります。

 

甲状腺の手術を通じて、出身地である京都の皆様に貢献出来れば幸甚に存じます。
どうかよろしくお願いいたします。

 

 

医師紹介

氏名役職専門医・認定医・その他講習修了
香川 力非常勤医学博士(名古屋大学)
日本外科学会専門医
日本内分泌外科学会
日本乳癌学会
マンモグラフィー読影認定医
緩和ケア研修会修了