診療科紹介

呼吸器外科

外来担当表

 
午前伊東
(紹介・予約)
伊東
休診、代診休診情報はこちらをご確認下さい

 

診療科の特色

自然気胸や肺がんの手術をはじめとする外科治療を中心に診療を行っております。

幅広い呼吸器疾患に対して最適な治療方法を選択するために、各種の検査(CT画像診断、気管支鏡、縦隔鏡、胸腔鏡など)を駆使して診療に当たっております。特に原発性肺がんの病期診断に関しては、その進行度合で治療方法が大きく異なることから、術前からより精度の高い診断につなげられるように努力しています。

進行肺がんは手術単独で完治するのは困難なことがほとんどであり、呼吸器内科や放射線科の医師の協力を得て化学療法(抗がん剤)・放射線治療を含めた集学的治療を行っております。

病気の種類やその重症度により治療方法は様々ですが、患者さんにとってよりよい医療を提供したいと常に考えております。入院治療においては、積極的にクリニカルパスを使用し、医療の質の向上と入院期間の短縮に努めており、当院は豊富な呼吸器外科症例数とその実績から、日本呼吸器外科学会より基幹施設に認定されています。

 

診療内容・方針

患者さんには安心して手術治療を受けて頂けるように、できる限り時間をとってわかりやすい説明を心がけています。

自然気胸では、画像上肺のう胞(ブラ)が明らかである場合、胸腔ドレナージ後に空気もれがつづく場合などに積極的に手術の適応としています。通常2つまたは3つの小さな傷で胸腔鏡下に手術を行います。肺のう胞を切除した部位(縫合ライン)には吸収性のシートをのせ、将来の気胸再発を防ぐ処置を追加しています。空気漏れがなくなったことを確認後、管(胸腔ドレーン)を抜きます。ほとんどの症例で手術後1-2日で管が抜け、退院が可能になります。

肺がん手術(肺葉切除)においても患者さんに負担の少ない低侵襲な胸腔鏡手術を基本とし、安全かつ確実な手術を心がけています。手術を受けられた患者さんが合併症なくスムーズに退院が出来るように、手術後の肺合併症予防と早期回復を目的とした呼吸リハビリプログラムを手術前から積極的に導入しています。手術後の肺障害の予防のため、手術前からの禁煙は必須です。順調に経過すれば手術後3-5日程度で退院が可能になります。「肺がんの疑いがある」と言われたがどうしたらよいかわからない場合など、お気軽にご相談下さい。

 

取り扱う主な疾患

自然気胸・血気胸・膿胸・原発性肺がん・転移性肺がん・縦隔腫瘍(胸腺腫など)などです。

 

医師紹介

名前伊東 真哉(いとう しんや)
役職部長
資格京都大学医学博士
日本外科学会認定医・専門医・指導医
日本呼吸器外科学会呼吸器外科専門医・評議員
厚生労働省臨床研修指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医
日本胸部外科学会認定医・正会員
日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医
肺がんCT検診認定機構肺がんCT検診認定医
日本緩和医療学会緩和ケア研修会終了
麻酔科標榜医
所属
学会
日本呼吸器外科学会
日本呼吸器学会
日本呼吸器内視鏡学会
日本胸部外科学会
日本肺癌学会
日本外科学会
米国臨床腫瘍学会(ASCO)正会員
国際肺癌学会(IASLC)正会員
専門呼吸器外科、内視鏡外科

 

クリニカルインディケーター

1.手術件数

手術件数 2017年
呼吸器外科 総数 72
原発性肺癌 30
転移性肺癌 6
気胸 24
その他 12

2.入院時、上項目病名に対する項目別件数 (CVポート含まず)

輸血(手術当日) 3
輸血(術後1週間) 0
術後30日以内の合併症 1
術後30日以内の再手術 1
術中死(術後30日以内) 0
術中死(術後31日以降) 0

 

地域医療機関の先生方へ

原発性肺癌、縦隔腫瘍、自然気胸などの手術を中心とする呼吸器外科の専門診療を行っております。呼吸器・胸部疾患のプロフェッショナルとして習得した知識や技能を地域社会に還元することを常に念頭に置き、安全で質の高い医療を提供することは勿論、さらに資質向上に努めます。呼吸器内科、放射腺科、病理診断科をはじめとする他科とのカンファレンスを定期的に行い、より精度の高い診断と治療を行ってまいります。

紹介医の先生方との密な連携のもとに、患者さんに満足して頂けるよう努力していきたいと思います。セカンドオピニオンについても受け付けております。宜しくお願い申し上げます。

採用情報

  1. 医師採用

  2. 看護職採用

公開情報

PAGE TOP